So-net無料ブログ作成
Jリーグ ブログトップ

新型インフルエンザに関するJリーグの対応 [Jリーグ]

▼Jリーグ公式サイトからの引用
新型インフルエンザに関する対応について

日本サッカー協会(JFA)とJリーグは、先週末、関西地域で新型インフルエンザの国内感染が発生・流行したことを受け、新型インフルエンザに関する合同対策本部を設置いたしました。また、対策本部にて今後の対応につき協議し、下記のとおりの対応を行うことを決定いたしました。

新型インフルエンザに関するJリーグの対応
基本方針として公式戦は開催いたします。ただし、本対応については、あくまでも現時点での状況を勘案した決定であり、今後の事態が進展した場合は、厚生労働省や地方自治体など関係各所の指導に従い、適切な対策を行います。 


●試合会場にご来場いただく皆様へのお願い

ご来場いただく皆様に安心・安全に試合観戦をお楽しみいただくための予防策として、下記のとおりの対応をいたしますので、ご協力をお願いいたします。

1.セキ、発熱等の症状があるお客様は観戦を自粛ください。
2.必要とされる場合は、マスクのご持参および着用をお願いします。
3.入場ゲート、トイレにアルコール消毒液の設置をいたします。
4.試合会場に医師を常駐させ、連携を強化いたします。


▼ヴィッセル神戸の公式サイトのニューリリース(抜粋)
この対応決定に基づき、ヴィッセル神戸は、5月23日(土)に予定されておりますJ1リーグ戦第13節vs.柏レイソル(19:00キックオフ@ホムスタ)を通常通り開催するよう準備を進めて参ります。


今週末のリーグ戦第13節は、予定通り開催することになりました。

連日、報道されている新型インフルエンザのニュース。
新型インフルエンザの日本の状況は、第二段階(国内発生早期)
発生段階

個人でできる防止策を怠らないようにしないといけないですね。

▼厚生労働省
感染を拡大させないために
・必要のない外出は控えてください(特に人が集まる場所)。
・外出したらうがい、手洗いを行って下さい。
・発症したら、マスクをして感染が広がらないようにしましょう。
・マスクだけでは感染を完全に防ぐことはできませんので、お互いに距離をとるなど、他の感染防止の方法も行いましょう。


他の感染防止の方法としては、NHK「ためしてガッテン」で
紹介していた方法も有効のようです。

緊急生放送! インフルエンザ最新対策
2009年02月04日放送
「発症率が10分の1に!意外な予防法」



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
Jリーグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。